Tags: Green Monday Movement

三つ星店でも採用! 「代替豚肉」に見る香港の食と健康

三つ星店でも採用! 「代替豚肉」に見る香港の食と健康

Original Article: Beyond Health 熱々の 叉焼豚、 焼売、 酢豚など、 香港の 伝統 食に 欠かせないの が豚肉。健康志向 に加えて、 地球に 優しい ライフ スタイルへの関心がグローバルに高まる昨今、決してベジタリアンやヴィーガンに積極的とは言えなかった香港の飲食も変わりつつある。そんな中で香港ブランドのプラントベース代替豚肉「オムニポーク」は、香港の食と健康の未来図に欠かせない存在になっている。その考案者で、香港の食を変えようと奮闘してきた「グリーン・コモン」CEOのデイビッド・ヤン氏に開発秘話や香港最新事情をうかがった。 肉食愛好者の多い香港でもベジタリアンが増加中 香港を本場とする広東料理と言えば、肉や魚と共に野菜もたっぷり使い、素材を生かしたあっさりした味付けが特徴。そんな栄養バランスが良い健康的な食生活が、香港の最長寿を実現した要因の一つであることは確かだ。とはいえ、抗生物質やホルモン剤に頼った飼育や環境破壊など、現代の畜産産業の在り方への疑問が世界的に広がり、新たな食の選択肢が求められているのは、香港でも同様だ。 「グリーン・コモン」が2014年~2018年に行った「Hong Kong Vegetarian Habit Survey」によると、香港でのベジタリアンの人口は2016年2.5%から2018年3.7%と増加中。特に女性は2%未満から約5%と倍増している。そして「週一回以上ベジタリアンとなる『フレキシタリアン』」は全体の24%。一方で自らを「ハードコアな肉食愛好者」と呼ぶ人は、2014年の27.1%から2018年の15.2%とほぼ半減。 「2012年に代替豚肉の開発を決めた頃は、頭のおかしい人扱いをされていたよ」と語るのは、香港ブランドのプラントベース豚肉「オムニポーク」考案者のデイビッド・ヤン氏。食の伝統を重んじる香港では異端視されたが、今では14年連続ミシュラン三ツ星を維持する広東料理店「龍景軒」でもメニューに取り入れられているほど。 ミシュラン三ツ星店の料理長はこう語る… 「龍景軒」総料理長の陳恩徳氏は、オムニポークの採用について次のように語っている。 「蓮根やキノコと一緒にすり身にして蓮根の輪切りに載せて炒めたり、ミートボールにして上海風スープの具にしたりと、伝統メニューをオムニポークで差し替えている。オムニポークは、通常の豚肉と比べて、食感や風味に遜色はほぼないし、調理法も同じ。言われなければ代替肉とは気が付かないレベル」と断言する。 「注文するお客様は、メニューを見てプラントベース肉に好奇心を抱いた方で、好評だ。ただ、以前に『小籠包』などの点心に使用した際は、お客様から『せっかくの龍景軒だから、正統派の豚肉バージョンを食べたい』との声が高かったので、点心への使用は取り止めた。現在はひき肉だけなので、今後、別スタイルの製品が出てきたら、使用範囲が広がるかもしれない」...
Read More