Japan News

台湾の「ファミマ」でバカ売れ。植物性ポーク使用の「レンチンごはん」

台湾の「ファミマ」でバカ売れ。植物性ポーク使用の「レンチンごはん」

台湾に展開する「ファミリーマート」で、香港発の植物性ミート「OMNIPORK」を使用したインスタントミール「Mom's Cuisine」が登場。 タイ風「ガパオライス」と韓国風「ジャージャー麺」の2種。レンジで温めるだけの手軽さが売りだ。そのどちらにも豚肉の代わりに、大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主原料とする「OMNIPORK」が使われている。
Read More
香港発の代替肉「オムニポーク」がスゴい!

香港発の代替肉「オムニポーク」がスゴい!

世界中で急速に普及している植物由来の代替肉。その多くはアメリカ発。しかし、香港のフードテック企業が新たに開発したプラントベースの豚ひき肉が、いまアジアで熱視線を浴びている。 遅かれ早かれ、きっと日本にも入ってくる「OMNIPORK(オムニポーク)」。それは中華人のみならず、アジアの食文化に転換点をもたらす大きな可能性を秘めた次世代ミートだ。
Read More
【スクープ】アジアを席巻する、植物肉の「黒船」が日本上陸

【スクープ】アジアを席巻する、植物肉の「黒船」が日本上陸

「日本では今年5月ごろにフェイク豚肉が食べられます。みんな知っている有名な飲食チェーンやホテルと、話を詰めているんだ」 2020年2月6日、NewsPicks編集部はアジアで急成長するフェイクミートの創業者にインタビューをしていた。 ディビット•ヤン、43歳。 2年かけて開発したフェイク豚肉「オムニポーク(Omnipork)」は、2020年上半期にアジア(香港、台湾、中国、シンガポール)など16力国において、スーパーやレストランなど1万5000店舗以上で売られる計画だ。
Read More
意識高い20代中国人が爆買いする「人造肉」。豚コレラ危機の救世主として期待も

意識高い20代中国人が爆買いする「人造肉」。豚コレラ危機の救世主として期待も

植物由来の人工肉市場が盛り上がる中、“後発”の中国でも爆発的ブームが巻き起こっている。アリババのECサイトが11月下旬、ブラックフライデーのセールで初めて人工肉を発売すると、2日間で1トン分が売れた。世界最大の豚肉消費国ながら、豚コレラの影響で供給が危ぶまれている事情もあり、アメリカ企業が先行していた人工肉製造にも、中国企業が一気に進出を始めた。
Read More
2019年タオバオ造物祭(Taobao Maker Festival)にも人工肉(オムニポーク)登場!

2019年タオバオ造物祭(Taobao Maker Festival)にも人工肉(オムニポーク)登場!

9/12-25まで開催のアリババ主催タオバオ造物祭(Taobao Maker Festival)2019を訪問してみた。会場は、昨年の杭州西湖湖畔から杭州市内北部に移動して開催されたが多くの人で賑わい、実物ロケット(長征2号)、水中ドローン、3Dプリンタを活用したシューズ作成など数多くの展示が行われた。とりわけ、人工肉で作られたハンバーガーの無料配布に長蛇の列が出来、中国にも人工肉ブームの到来を予感させた。
Read More